二日酔いの予防方法についてご紹介します。

二日酔いの予防方法について

二日酔いは、社会人にとって切り離すことが出来ないものです。
日本は20歳で成人すると飲酒が可能となります。そこからお酒を飲む機会が増えていくと思いますが、二日酔いが苦手でお酒が飲めないという人もいるとは思います。
しかし、仕事で止む終えずお酒を飲む機会があったり、友達と楽しい会食の場でお酒をついつい飲みすぎてしまうといった経験をしたことがあるでしょう。

 

そうなると二日酔いは避けることが出来ません。
必ず二日酔いになるとは限りませんが、お酒を飲む限りその可能性はあります。
二日酔いになると翌日の仕事が辛くなってしまい、効率も落ちてしまう。まして、二日酔いで仕事を休むことも出来ず体調が優れないまま仕事を続けることもあるでしょう。

 

翌日の仕事に影響を残さないため、二日酔いの予防方法は知っておく必要があります。

 

よく二日酔いの予防方法で耳にするのに、
「牛乳を飲んでおくといい」
「すきっ腹でお酒を飲んではいけない」
「緑茶を飲んでおく(または、お酒を緑茶割にするといい)」
といった話を聞きます。

 

どの方法が一番効果が高いか知っている人は少ないですし、まして、本人の体質によって効果は違ってきます。
しかし、近年言われているのは、お酒を飲む前の牛乳はあまり効果がないということです。どちらかといえば、二日酔いになったときに牛乳を飲むと頭痛に効果があるといわれています。

 

予防方法として効果が高いの成分には、脂肪とカテキンです。
ヨーロッパでは、お酒を飲む前にオリーブオイルを飲む習慣があるほど、二日酔いの予防方法として一般的な方法です。
そして、カテキンですが、これは緑茶に多く含まれており、カテキンが体内に入ったアルコールの吸収率を抑えてくれるので、二日酔いになる可能性を低くすることが出来ます。